プログラミング学習

【効率的】コーディングを独学する方法【現役コーダーが教える】

どうも、現役コーダーのなか(@nakafreelog)です。

この記事では、

「コーディングを勉強したいんだけど、どうすれば良いのかな、、、」

「効率的な学習方法を学びたい、、、」

こんな疑問にお答えしていきます。

本題に入っていく前に、軽い自己紹介。

  • コーディングを独学した
  • 現在はWeb制作会社でコーディング作業を行っている

上記のような背景から、本記事を執筆していきます。

というわけで、コーディングを独学するにはどうすれば良いのか?

結論から述べると、基礎学習をしてからアウトプットを行えば良いです。

この記事では、このことについて深掘りしていきます。

では、記事に入っていきます(/・ω・)/

この記事の内容
  • コーディングを独学する方法
  • コーディングのアウトプットを行う方法
  • コーディング独学後にやるべきこと【実際に働いてみよう】

コーディングを独学する方法

コーディングで学ぶべき事

具体的には以下の5つを学べば良いですね。

  • HTML
  • CSS
  • jQuery
  • Bootstrap
  • Flexbox

上記の学習を行えば、最低限のコーディングは行えるようになります。

簡単なWebサイトくらいなら自力で作れるようになるかと。

加えて、PhotoshopやWordPressやPHPを使えれば良いですが、とりあえずは上記の5つで大丈夫です。

コーディングを学習する方法

具体的には、この記事「【初心者向け】Web制作を独学する方法【未経験でも仕事が取れる】」のWordPress以外の部分を学習すれば良いです。

実際に僕が独学したときに使った教材が載っているので、参考になると思います。

期間としては、2ヶ月半くらいあれば全て出来るレベルです。

学習しているときに辛くなるときもあるかもしれませんが、続けていればそれなりに出来るようになります。

身構えずに気楽に学習していきましょう。

基礎学習を行っているだけではいけない理由

上記でコーディングの学習方法について解説しましたが、基礎学習を行っているだけという状態はあまり良くないです。

結構やってしまいがちなのですが、初心者の方は特に「インプット」が過剰になりがちですね。

しかし、コーディングのスキルが一番伸びるのは「アウトプット」を行っているときです。

学習を行っているときと違い、エラーなどが起きて辛い時もあるのですが、分からないことを解決していく過程でスキルは伸びていきます。

「インプット」のときと違って、不安もあるかもしれませんが、どんどん挑戦していくことが大事ですね。

具体的な「アウトプット」の方法については次の章で解説していきます。

コーディングのアウトプットを行う方法

具体的な「アウトプット」の方法としては以下の3つですね。

コーディングのアウトプットを行う方法
  • サイトの模写
  • ポートフォリオサイトの作成
  • 技術の発信

では、一つずつ解説していきます。

サイトの模写

サイトの模写は、割と有名な学習方法ですね。

現在コーディングを行っている人は、模写をやったことがある人も多いと思います。

具体的にはこの記事「模写コーディングにおすすめのサイト集めました【理由も解説】」に書いてあるサイトを模写してみるのが良いかと。

良さげなサイトが揃っているので、初心者の方は参考にしてみると良いですね。

ポートフォリオサイトの作成

ポートフォリオサイトとは自分の実績になるサイトのことです。

僕自身はサイトの模写は飛ばしてポートフォリオサイトを作ってしまった方が効率良いかなと思っています。

理由としては、ポートフォリオサイトを作って、就職なりバイトを始めた方が、効率的にスキルを伸ばせるからですね。

お金をもらいつつ学べるのは、シンプルにコスパ良いです。

実際に僕も、ポートフォリオサイトを作成してから、仕事を始めましたが、かなりコスパ良くスキルを伸ばせています。

最速で仕事をしたいなら、いきなりポートフォリオサイトの作成に入ってしまうのが良いですね。

ポートフォリオサイトの作成方法については、この記事「【簡単】ポートフォリオサイトの作り方【デザイン知識は不要です】」を参考に。

技術の発信

実際に僕も、このブログで技術の発信を行っています。

自分がアウトプットした技術って頭に残りやすいし、同じことで困った時に見返すことも出来ますからね。

また、自分が技術を発信することにより、社会貢献も出来るので、メリット多めです。

発信方法としては、ブログ、Qiita、twitterなどがあります。

個人的には、ブログかtwitterがおすすめですね。

まずはtwitterなどでカジュアル発信してみるのが良いかと思います。

コーディング独学後にやるべきこと【実際に働いてみよう】


コーディングの独学後は、実際に働いてみるのが良いと思います。

基礎学習から実践レベルのコーディングスキルを身に着けるためには働いてみるのが一番効率良いですからね。

僕自身、基礎学習期間よりむしろ実務経験を積んでからの方がスキルは伸びています。

具体的に働く方法としては、以下の3つがあります。

コーディングスキルを使って働く方法
  • クラウドソーシングを使う
  • 就職orバイト
  • 制作会社へ営業する

では、一つずつ解説していきます。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングサービスを使えば、コーディングの案件を獲得することが出来ます。

具体的には以下のサイトがおすすめです。

  • CrowdWorks(クラウドワークス)
  • ※国内最大級のクラウドソーシングサイト。LPなどのコーディング案件多め。

  • ランサーズ
  • ※上記と同じく国内最大級のクラウドソーシングサイト。クラウドワークスと合わせて登録しておけば案件も見つかりやすい。

どちらも無料かつ5分ほどで登録できるので、この機会に登録しておきましょう。

就職orバイト

Web制作会社にコーダーとして、働かせてもらう方法ですね。

お金をもらいつつ、教えて貰いたい方には一番良い方法です。

実際に制作会社で働いているから分かりますけど、コーダーはかなり少ないですね。

人手不足なので、割と簡単に就職なりバイトなり決まるかと。

10社くらいに応募してみれば、ほぼ確実に仕事出来るようになると思います。

ポートフォリオサイトがあると、受かる確率上がるので、応募前に作成しておいた方が良いです。

制作会社へ営業する

意外と知られていませんが、制作会社に営業するという方法もあります。

僕自身、制作会社へ営業した経験がありますが、意外と仕事の話をいただけたので、挑戦してみるのもありですね。

しかし、個人的には制作会社で実務経験を積んでからの方が良いかなと思います。

制作会社で働けば、詰まった時にいつでも聞けるし、技術も盗めるのでシンプルにコスパ良いです。

「いきなりフリーランスになりたい!」って人はやってみても良いかと。

具体的な営業方法については、この記事「【エンジニア向け】制作会社への営業方法を解説【コミュ力不要】」を参考に。

コーディングで人生を豊かにしよう

上記で紹介したように、コーディングのスキルを身に着ければ多様な働き方をすることが出来ます。

人生の自由度を上げたい方は、ぜひこの機会に学習してみていただければなと。

具体的な学習方法については先述したように、この記事「【初心者向け】Web制作を独学する方法【未経験でも仕事が取れる】」のWordPress以外の部分です。

2ヶ月半ほどで出来るのでゴリゴリ学習していきましょう(‘ω’)ノ

RELATED POST