大学生活

【根拠あり】大学生こそ読書をするべき理由【圧倒な生きやすさ】

読書するか迷っている大学生
読書するか迷っている大学生
大学生なんだけど、読書ってした方が良いのかな?どうなんだろう。正直知りたい知識はググれば出てくるから、本を読む理由がわからない。でも本を読むのはめんどくさいしなぁ。わからない。いったいどうすればいいの?

こんな疑問に答えます。

 この記事の内容

・最近の大学生は本を読まない(半数以上が0分)

・周りの大学生が読書をしてないのはチャンスである

・読書のメリット(圧倒的な生きやすさ)

この記事を書いた僕は週2冊くらい本を読む大学生。

読書のおかげで、生きにくい現代を快適に生活出来ています。

というわけで、大学生は本を読むべきなのか?

結論としては、本を読むべきですね。

この記事ではそのことについて詳しく解説していきます。

では、記事に入っていきます~。

※この記事は大体3分ほどで読めるかなと。

最近の大学生は本を読まない(半数が以上が0分)


最近の大学生は本を読まない人が多いです。

データとしては以下の通り。

引用 : 第53回学生生活実態調査の概要報告

なんと半数以上が読書時間が0分となっています。

また、全体に読書時間が落ちていることがデータから読み取れますね。

最近の大学生はだんだんと本を読まなくなってることがわかります。

周りの大学生が読書をしてないのはチャンスである


最近の大学生は本を読まなくなっていることは先ほどのデータからわかったかと。

周りの大学生が読書をしていないのは、実はチャンスになってきます。

読書をするだけで簡単に周りと差を付けられる

つまり、読書をすれば周りと簡単に差を付けられるということ。

半数以上が全然本を読んでいないので、楽勝ですよ。

周りがやっていないことをやれば当然差がついてきますよね。

本を読むだけで有利に動くことが出来るわけです。

読書はかなりコスパ良いですね。

大学で周りを見ても本を読んでいる人はあまりいない

これは僕が実際に感じていることなのですけど、大学でも本を読んでいる人って少ないですよね。

空き時間の時とか思い出してみてもスマホをいじっている人が多いかなと。

この時間を本を読むことに使えば知識を蓄積することが出来ます。

「ちりも積もれば山となる」という言葉がありますが、まさにその通りで小さな時間の使い方が長期的に考えると大きな差になってきます。

僕自身、大学の空き時間は本を読むことに徹していますが、知識はかなりつきました。

読書はかなりコスパ良しです。

読書のメリット(圧倒的な生きやすさ)


読書のメリットは上記のようなことだけではありません。

本を読めば凄く人生が生きやすくなってきます。

読書のメリット

読書のメリットは5つほどありまして

・単純に知識が付けれる

・人生に辛くなっても本を読むと癒される

・コスパ良く人生が生きれる

・成功法則が学べる

・お金があんまりかからない趣味

以上ですね。

一つずつ具体的に解説していきます。

単純に知識が付けれる

先述しましたが、知識がつけられることが読書の強みです。

Googleで「調べたいこと」を「調べられる」時代にはなりましたが、やはり体系的な知識を身に着けるとなったら本が一番楽ですね。

断片的な知識ばかり身に着けても役に立ちにくいので、本を読んだ方が良いですね。

人生に辛くなっても本を読むと癒される

人生で辛くなることってあると思います。

そういった時に本を読むと癒されることが出来るのがメリットですね。

小説などが良い例で、僕は何度も助けられたことがあります。

優しい言葉に触れると、自分も優しい気持ちになれるのは良いところかなと。

以下の記事で大学生におすすめの小説を紹介しているので、現在人生がつらい方はぜひ参考にしていただければなと思います。

コスパ良く人生が生きれる

本を読むとコスパ良く人生が送れます。

本を読むのは時間が掛かってめんどくさいなんて思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはないです。

短期的に考えたらあっていますが、長期的に考えるとコスパ良い人生が送れますよ。

例えば集中力がなくて困っているときは以下のような本を読めば時間を短縮して物事に取り組めますよね。

「自分を操る超集中力」

created by Rinker
¥1,540
(2019/12/09 08:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

上記の本はメンタリストのDaigoさんが集中力に関して書いた本ですが、凄く役に立っていますね。

集中力がなかった僕でも、この本を読んでから1日1万字くらい文章が書けるようになったのでぜひ。

読書をすればコスパ良い人生も送れるので、おすすめです。

成功法則が学べる

本を読むと世の中の成功法則が学べます。

例えば歴史の本を読めば、武将がどのように成り上がったかについてわかりますよね。

世の中の成功法則を自分に当てはめれば成功する可能性も高くなってきます。

ちなみに、今後成功したいなと思っている方は以下の本を読むと良いですね。

「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代」

上記の本は「与える人」が成功すると書かれている本ですね。

実際のデータや実例を絡めて「与える人」が成功すると解説されています。

僕自身、与えることを意識していたら良いことが起きたので間違いではないかなと。

おすすめの1冊です。

以下の記事で書評も行っているので、そちらもぜひ。

お金があんまりかからない趣味

読書はこれだけメリットがあるのにあまりお金がかかりません。

中古でも買えるし、読んだ後売れば良いだけなのでコスパ良いですね。

半無限に本が読めます。

特に大学生はお金がない人が多いと思うので本を趣味にするのは良いかなと。

大学生が本を読まないのは圧倒的に損している。


大学生が本を読まないのは凄く損をしているかなと。

周りが本を読んでいない人だらけなので、少し本を読むだけで簡単に知識があるように見せられますね。

また、精神的にも良いし色々な悩みも解決できます。

とはいえ、この記事を読んで閉じてしまったら本を読むことなんてすぐに忘れてしまうかなと。

これはかなり本音ですが、本は人生を変えるツールに十分なり得るので読むべきですね。

現在本を読む習慣がない大学生は今すぐ本を読みましょう。

以下の記事でおすすめの本を紹介しているのでそちらを参考にしていただければなと。

おわり

というわけでこの記事はここで終わりになります。

ありがとうございました~。

RELATED POST