エンジニア

エンジニアの新卒就活ではエージェントを使わない方が良い理由

どうも、こんにちは。

この記事では、

「エンジニアの就活でエージェントを使うのってどうなのかな、、、」

「就活が不安だからエージェントに頼ってみようと考えているんだけどどうなんだろう、、」

上記のような悩みにお答えしていきます。

先に結論から申し上げますと、エンジニアの就活でエージェントを使うのはおすすめしないです。

実際に僕も使ってみましたが、結構嫌な思いをしましたし、変な企業に入れられそうになりました。

そのため、この記事を読んでいるあなたには嫌な思いをしてほしくないですし、良い企業に就職してほしいと考えております。

というわけで、この記事ではそこら辺のことについて深掘りしていきますね。

では、記事に入っていきます。

※この記事は、Webエンジニアになりたい人向けの記事です。

この記事の内容
  • 就職エージェントのビジネスモデルについて解説
  • エンジニアの新卒就活ではエージェントを使わない方が良い理由
  • エンジニアの就活におすすめのサイトはWantedlyです

就職エージェントのビジネスモデルについて解説


まず、説明に入っていく前にどのような仕組みで就職エージェントが儲かっているのか知る必要があります。

これが分かっていないと、エージェントに都合の良いように操られてしまいますからね。

就職エージェントのビジネスモデルとは?

エージェント経由で企業に就職させると年収の30~35%がエージェントの方へ振り込まれる仕組みとなっています。

そのため、とりあえず企業にぶち込んでしまえばエージェントは儲かってしまうわけで。

相談者の意思を無視してでも入りやすそうな企業に誘導くる悪徳エージェントもあったりします。

エンジニアの就活ではエージェントを使わない方が良い理由


エージェントのビジネスモデルについてはご理解いただけたかと。

以下からエージェントをエンジニアの就活で使わない方が良い理由について解説していきます。

理由としては3つありまして、

  • 新卒だとカモにされやすいから
  • 嘘をつかれるから
  • 話を否定されるから

以上ですね。

では、一つずつ具体的に解説していきます。

新卒だとカモにされやすいから

これが最大の理由なのですが、新卒だとかなり舐められます。

若いと社会のことをあんまり知らないと思われているので、誤った情報を伝えても素直に聞くだろうとエージェント側は思っています。

社会経験をある程度積んで貫禄が出た状態で使う転職エージェントなら、エージェント側もそこまで足元見てこないと思いますが、新卒の就活だと結構危険だったりします。

もしあなたが、エージェントを使いたいんだとしたら、ある程度牽制が出来るようになっておいた方が良いでしょうね。

あと、これは余談的な話ですが、知識が無くて若い人って一番カモにされやすいので、エージェント以外の場所でも要注意です。

嘘をつかれるから

これは、実際に思ったことですが、事実とは違う情報を伝えてコントロールしようとしてきます。

例えば、僕の場合は「受託か自社内開発の企業でWebエンジニアになりたい」という要望をエージェントに伝えたのですが、以下のようなことを言われました。

「Webエンジニアになるのは、あなたの実力では難しいです。

新卒では、SIerに入ってそこで自己研鑽をしつつWebエンジニアを目指しましょう。

もし、今のあなたの実力でWebエンジニアになりたいとするなら休学するしかないでしょうね。」

Webエンジニアになりたいのに、SIerに行くって意味が分からないですし、僕自身、その後の就活でWebエンジニアとして内定をいただくことが出来たので普通に嘘です。

恐らくですが、エージェント側にはSIerの案件が多かったため上記のような発言をされたのだと思います。

素直に話を聞いているとエージェントの都合の良いようにコントロールされてしまうので注意ですね。

話を否定されるから

先ほどの話と若干被りますが、希望などを結構否定してきます。

僕の場合は経歴やポートフォリオをほとんど見ていないのに、「あなたの実力じゃWeb系企業に行くことは出来ない」みたいなことを言われました。

こうやって相手を否定し、不安にさせて、思考能力を奪っていきます。

思考能力を奪われた状態だと、コントロールしやすいわけなので、そこは注意が必要ですね。

エンジニアの就活におすすめのサイトはWantedlyです


じゃあ、何を使って就活すれば良いんだと思っているかと思います。

結論としては、Wantedlyを使った方が良いです。

Wantedlyを使った方が良い理由としては、3つほどありまして以下の通り。

  • マージンを抜かれていないから
  • 掲載料が安いから
  • Web系企業が多く使っているから

では、一つずつ具体的に解説していきます。

マージンを抜かれていないから

Wantedlyはエージェント違い、掲載型の求人サイトなのでマージンが抜かれていないです。

そのため、エージェントを利用したときのようにどこかの企業に無理矢理入れさせようとはしてきません。

また、企業側としても掲載料しか払っていないので、採用されやすいです。

掲載料が安いから

リクナビやマイナビみたいな有名な求人サイトはありますが、結構掲載料が高いです。

一方、Wantedlyは他の求人サイトと比べると掲載料が安いです。

そのため、採用活動にあまりコストをかけられない、ベンチャー企業が活用していることが多いサイトとなっております。

今からWebエンジニアになりたい人って、大体RubyやGoを使っているWeb系企業を志望している方が多いと思うのですが、そういった企業は比較的出来てから歴史が浅い企業が多いので、Wantedlyを利用した方が良いです。

Web系企業が多く使っているから

実際に使ってみると、分かると思いますが、Web系企業が多く掲載されています。

上場しているような会社も掲載されているので、大手志向の方にもおすすめの求人サイトですね。

応募はあくまでスタートライン

この記事を読んだあなたなら、どんな求人サイトを使ってエンジニア就活をすれば良いのか分かっていただけかなと思います。

とはいえ、応募はあくまでスタートライン、応募してからも面接があるためちゃんと対策しておきましょう。

この記事「【知らないと損する】エンジニアの就活で良く質問されること7選」に面接対策の方法を書いておいたので気になる方はそちらをぜひ。

では、この記事は終わりとなります。

RELATED POST