エンジニア

エンジニアを目指す大学生が在学中にやるべきこと【実務経験を積もう】

どうも、学生エンジニアのなか(@nakafreelog)です。

この記事では、

「エンジニアになりたいんだけど、在学中に何をやったら良いのかな、、、」

「現時点でノースキルだから心配、、、」

上記のような悩みにお答えしていきます。

記事に入っていく前に、軽く自己紹介。

  • Web制作会社で働いていたことがある
  • 現在はWeb開発会社に内定をもらっている

上記のような経歴から本記事を執筆していきます。

先に、この記事の結論について簡単に述べますと、在学中に出来るだけエンジニアとしての実務経験を積むことが大切ですね。

というわけで、この記事ではそこら辺のことについて詳しく深掘りしていきます。

では、記事に入っていきます。

この記事の内容
  • エンジニアを目指す大学生が在学中にやるべきこと
  • 大学生がエンジニアの実務経験を積む方法【まずは学習しよう】
  • 余談:地方の学生はどうすれば良いのか?【選択肢は2つ】

エンジニアを目指す大学生が在学中にやるべきこと


冒頭でも述べましたが、とりあえず最優先でやるべきことは実務経験を積むことです。

とにかく実務経験を積むことが大切

何故かというと、エンジニアは「何が出来るか」で判断される傾向がかなり強いからですね。

そのため、在学中にエンジニアとしての実務経験を積んでおくと、かなりのアピールポイントになります。

僕自身は、Web制作をやっていた経験くらいしかなかったので、少し就活では苦労しました。

エンジニアとしての実務経験があれば、就活をもう少しヌルゲー化出来たなと後悔しております。

この記事を読んでいるあなたには、僕のように後悔してほしくないので、なるべく早く実務経験を積むことを強くおすすめします。

エンジニアに学歴はそこまで関係ない

とはいえ、「エンジニアになるには学歴も重要なんじゃないの?」と思っている方もいるかもしれません。

確かに、この記事「エンジニアになるのに学歴は必要なのか?【結論:一部関係ある】」に書いた通り一部は関係あります。

しかし、致命的な欠点になることは無いですし、かなり学歴の欠点は挽回しやすい業界です。

今から学歴を変えようと考えるより、実務経験を積みまくる方が圧倒的にコスパ良いので。

そこまで学歴のことは気にせず、頑張った方が良いですね。

大学生がエンジニアの実務経験を積む方法【まずは学習しよう】


じゃあ、実務経験を積むにはどうすれば良いのか?

結論から申し上げますと、とりあえずプログラミングの勉強を始めてみることが大切ですね。

ある程度意欲があることを示さないと働けない

普通の飲食店のアルバイトなどなら、特に何も対策してこなくても受かると思います。

しかし、エンジニアの場合、ある程度自分で出来るようになってからじゃないと、アルバイトやインターンで働かせていただくことが出来ません。

エンジニアって一応専門職なので、完全未経験で、アルバイト先で教育してもらおうみたいな発想だと失敗するんですよね。

そのため、まず取り組むべきは、基礎的な学習をして成果物を作成することです。

とはいえ、最低限仕事が出来るレベルになるだけだったら、誰でもいけるのでご安心を。

どのプログラミング言語を勉強するべきなのか

当ブログがおすすめしているのはRubyですね。

何故かというと、理由が3つあって以下の通り。

  • 多くのWeb系ベンチャー企業が使っている
  • 地雷な企業に当たる確率が少ない
  • 自由な働き方をしやすい

Rubyが使えるようになると、メルカリやクックパッドのようなWebサービスが作れるようになります。

割と、若い企業が使っていることが多いので、自由な働き方をしているところが多いですね。

実際、僕が内定頂いた企業もフルリモートで働ける企業でした。

Rubyを勉強する方法

基本的には、独学かプログラミングスクールに通うかですね。

どちらを選択するかはあなたの自由です。

お金がない方や自力で学習できるという方は、独学で勉強した方が良いです。

逆に、お金がある方や誰かに教えて貰いつつ勉強したい方はプログラミングスクールの方が良いかと。

以下に、独学で勉強する方法とおすすめのプログラミングスクールを紹介した記事を載せるのでぜひ参考に。

勉強後はポートフォリオを武器にアルバイト・インターン応募へ

使う求人サイトは、Wantedlyが良いですね。

ベンチャー企業が使っていることが多く、掲載料も安いの採用されやすいです。

マッハバイトとかでも良いですが、多分そんなには載ってないかなと思いますので。

応募する企業としては、小から中規模で、技術的に新しいものを取り入れていこうとしている姿勢の会社が良いでしょう。

企業規模が小さい方が、開発で関われる範囲が広くなりますし、技術のことをちゃんと考えている会社はエンジニアのことを大事にしてくれる可能性が高いので。

余談:地方の学生はどうすれば良いのか?【選択肢は2つ】

「そもそもエンジニアの実務経験を積むにしても、地方だから良いIT企業が無いよ」

なんて声もありそうなので、お答えしておきます。

そういった方が取れる選択肢としては2つほどあって以下の通り。

  • 東京のIT企業からリモートで働かせてもらう ※おすすめ
  • Web制作会社で働く

では、一つずつ解説していきます。

東京のIT企業からリモートで働かせてもらう

個人的におすすめしている方法としては、これですね。

リモートで働くのって、常駐で働くより少しハードルが高いのですが、将来のことを考えると技術的に魅力的な仕事に携われる東京のIT企業で働く選択肢を取った方が良いでしょう。

Wantedlyなどで応募すれば、学生だったらどこかしら拾ってくれる企業もあると思います。

通常より時給を下げるなどして交渉すれば、リモートで働ける可能性も高くなるかと。

Web制作会社で働く

こちらの方法はそこまで押していませんが、一応紹介しておきます。

地方でもWeb制作会社ならあると思うので、そこで常駐で働くというのも一つの手ですね。

Web制作会社でも、開発案件を扱っているところはあるので、そういった企業を探し出せれば技術を伸ばしていくことも可能でしょう。

エンジニアのキャリアは学生時代から始まっていると言っても過言ではない

普通キャリアって社会人になってから始まるものだと思います。

しかし、エンジニアの場合は学生時代からキャリアが始まっているようなものなので。

今のうちに実務経験を積んでおけば、企業を選ぶ側の立場になることも可能です。

そのため、この記事を読んだあなたにはプログラミングのスキルを身に着けて働いてみることを強くおすすめします。

というわけで、この記事はここで終わりとなります。

とはいえ、ここでブラウザバックしてしまったら何も意味がないので、以下にプログラミングの学習方法を記しますね。

行動するかどうかはあなたの自由ですが、エンジニアになりたいなら今すぐ行動を始めましょう。

RELATED POST