受験

数学Ⅲの独学に使う参考書は基本的に「青チャート」だけで良い理由

数学Ⅲを独学したい人
数学Ⅲを独学したい人
数学Ⅲを独学したい。だけど、どの参考書を使ったら良いのかわからない。いったいどうすればいいの?

こんな疑問に答えます。

この記事の内容
  • 数学Ⅲの参考書は基本的に「青チャート」だけで良い理由
  • 数学Ⅲの勉強法
  • 2次試験の対策なら自分が受ける大学の過去問をやるのが良い

この記事を書いた僕は数学Ⅲを試験で使っていました。

現在は国立大学に通う大学生です。

というわけで、この記事では数学Ⅲの学習におすすめの参考書を紹介していきます。

結論としては、基本的に「青チャート」だけで良いですね。

では、記事に入っていきます(/・ω・)/

※この記事は大体3分ほどで読めるかなと。

数学Ⅲの参考書は基本的に「青チャート」だけで良い理由


ぶっちゃけ数学Ⅲを勉強したいなら「青チャート」だけで良いかなと思います。

青チャートとは以下の本ですね。

created by Rinker
¥5,980
(2019/12/09 05:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

数学Ⅲの学習に「青チャート」をおすすめする理由

理由としては3つほどありまして、具体的には以下の通り。

  • 時間がない人が多いので、ある程度絞り込んで勉強した方が良いから
  • 「青チャート」さえやれば、網羅的に問題を抑えられるから
  • 純粋に「青チャート」が分かりやすいから

以上ですね。

具体的に一つずつ解説していきます。

時間がない人が多いので、ある程度絞り込んで勉強した方が良いから

基本的に学習にかけられる時間が少ない人が多いと思います(※浪人生を除く)

それゆえ、ある程度参考書を絞り込んで学習した方が良いですね。

色々な参考書に手を出すと、知識が定着しづらくなってしまいます。

理解を深めるためにも、一つの参考書をやり込むのが良いです。

「青チャート」さえやれば、網羅的に問題を抑えられるから

「青チャート」をやれば、問題のパターンを網羅的に抑えられますね。

基本的な内容から、応用的な内容までほとんど揃えられています。

別に全部やる必要はなくて、自分の受けるレベルに合わせた問題だけやれば良いです(特に時間のない人は)

本番で見たことがない問題が出てきて焦るようなことは基本的になくなります。

純粋に「青チャート」が分かりやすいから

これは、主観の問題かもしれませんが「青チャート」はかなり分かりやすいです。

教科書をやっていて

数学Ⅲマジ難しすぎて\(^o^)/オワタ

みたいな感じになっていても大丈夫ですね。

解説も丁寧ですし、ちゃんと読めば理解できると思います。

試験対策なら「青チャート」一択かなと。

数学Ⅲの勉強法


では、具体的な数学Ⅲの勉強法を解説していきます。

数学Ⅲは暗記が大切なので、何回も繰り返してやるのが大切ですね。

以下の学習法を使うと良いです。

数学Ⅲの学習法
  1. 青チャートを解きまくる
  2. 模試の問題を解いてみる
  3. 青チャートに戻って似た問題をやってみる

では、具体的に解説していきます。

➀ 青チャートを解きまくる

青チャートをとにかく解きまくって解法を身に着けましょう。

数学は本当に暗記が大切です。

解法を身に着けるために繰り返しやるのが大切ですね。

➁ 模試の問題を解いてみる

今度は「河合模試」や「駿台模試」の問題を解いてみるのが良いです。

実践的に学ぶことが出来るので、模試の問題は凄く大切ですね。

解いた後は、解説を読み込むと良いです。

答えの導き方や仕組みが理解出来ます。

模試の問題はそこら辺の参考書の10倍くらい役に立つので大事にしましょう(‘ω’)ノ

➂ 青チャートに戻って似た問題をやってみる

模試の問題を解いてみたら、また青チャートをやるのが良いです。

模試で出てきた問題と似た問題を青チャートでやると理解も深まるかなと(特に解けなかった問題はやるべき)

繰り返しやっていれば解法を暗記することが出来ます。

とにかく問題を解きまくるのが大事ですね(^^♪

created by Rinker
¥5,980
(2019/12/09 05:54:10時点 Amazon調べ-詳細)

2次試験の対策なら自分が受ける大学の過去問をやるのが良い


国立2次の対策なら、赤本をやった方が良いです。

以下のような本ですね。

created by Rinker
¥3,980
(2019/12/09 05:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

過去問と似た問題が本試験でも出やすい

国立に限らず、大学の試験全般に言えることですが過去問と似た問題が良く出てきます。

それゆえ、赤本はやっておくべきですね。

どんな問題が出てくるか傾向を掴むことが出来ます。

出来れば、最低でも6年分くらいはやっておくのが良いのかなと。

赤本は、高校の進路相談部屋みたいなところに置いてあると思います。

実際に試験を解いた時も思った

実際に試験を解いた時も思いましたが、赤本をやっておくとかなり傾向が掴めます。

国立一択の方は「青チャート」より赤本メインの方が良いレベルですね。

過去問を解いておくとかなり楽なのでやっておきましょう。

まとめ : 数学Ⅲの独学には参考書は殆ど必要ない


正直、数学Ⅲの参考書は殆ど必要ないかなと。

「青チャート」をやっておけば網羅的に知識を抑えることが出来ます。

それゆえ、あれこれ手を出さず一つの参考書をやるのが良いかなと。

受験は辛いこともあるかもしれませんが、努力すれば出来るようになってきます。

頑張りましょう!

当ブログは、頑張る受験生を応援しています(/・ω・)/

created by Rinker
¥5,980
(2019/12/09 05:54:10時点 Amazon調べ-詳細)