プログラミング学習

大学生が学ぶべきプログラミング言語【Web系の言語がおすすめ】

どうも、学生エンジニアのなか(@nakafreelog)と申します。

この記事では、

「今からプログラミング言語を学びたいんだけど、おすすめとかあるのかな?」

「調べても知らない言葉がいっぱい出てきて困る、、、結局どれがいいの、、、?」

こんな疑問にお答えしていきます。

記事の本題に入っていく前に軽く僕の自己紹介。

  • 独学でWebエンジニアになった大学生

大学に行きながら、プログラミングで稼いでいます。

というわけで、大学生が今から学ぶべきプログラミング言語は何なのか?

結論としては、Web系の言語がおすすめです。

具体的にはPHPやRubyやHTML/CSSですね。

今は何のことか分からないかもしれませんが、詳しく解説していくのでぜひ読んでいただければなと。

では、記事に入っていきます(/・ω・)/

※この記事は大体3分ほどで読むことが可能です。

この記事の内容
  • 大学生におすすめのプログラミング言語は「Web系の言語」です
  • プログラミングを学習する方法【独学かスクール】
  • 大学生は今の内からプログラミングを学んでおくべき理由

大学生におすすめのプログラミング言語は「Web系の言語」です


インターネットでは、色々な意見がありますが今から学ぶなら「Web系の言語」が良いですね。

Web系のプログラミング言語とは?【具体例を紹介】

具体例を挙げると以下の通り。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby

今は良く分からないかもしれませんが、勉強していく内にどんなものか分かるようになってきます。

とりあえず、最初は「HTML」と「CSS」を学べば良いと覚えておきましょう。

「HTML」と「CSS」はインターネット上のページを整える言語です。

割と簡単で取っ付きやすい言語ですね。

Web系とは具体的に何をしているものなのか?

具体的にはインターネット上のサービスなどですね。

有名なところでいうと、クックパッドやココナラなどはWeb系の言語で作られています。

後は、企業のホームページなどもWeb系の言語で作成されたものです。

インターネットで見れるものは大体「Web系」だと思って良いですね。

Web系の言語をおすすめする理由

理由としては3つほどあって、具体的には以下の通り。

Web系の言語をおすすめする理由
  • 習得するのが比較的簡単であるから
  • 大学生でも仕事がしやすいから
  • 独立がしやすいから

では、一つずつ具体的に解説していきます。

習得するのが比較的簡単であるから

Web系の言語は他のプログラミング言語と比べると習得が簡単です。

最低限仕事が出来るレベルには、3ヶ月ほどでなれてしまいます。

エンジニアは「専門職」のイメージがあり習得が難しそうですが、意外とハードルは高くないですね。

プログラミングは一度学ぶと他の言語を学ぶ時も習得が楽なので、初めてなら簡単な言語から挑戦してみるのがおすすめです。

大学生でも仕事がしやすいから

大学生と言ったら、大体飲食や塾講師などのアルバイトで稼いでいる方は多いかなと。

しかし、プログラミングを学べばエンジニアとして学生の内から働くことが出来ます。

普通のバイトと比べても稼ぎやすいし、社会人になってからも役立つ「スキル」を身に着けることが可能です。

また、Web系の言語なら稼ぐ方法が多様なので仕事もしやすいです。

正直、普通のアルバイトを続けていても得られるものは少ないので、今の内からプログラミングを使って稼いだ方が良いですね。

プログラミングを使って稼ぐ方法は以下の記事にまとめてあるので、そちらを参考に。

独立がしやすいから

Web系はフリーランスとして働いている方が多いです。

大学生の内から、企業に雇われずお金を稼いでいる人も珍しくないですね。

実際に僕の周りでもWeb系の学生フリーランスの方がいるので、将来独立したい方はWeb系の言語を学ぶと良いです。

フリーランスになれば収入を伸ばしやすいし、年収1000万越えも狙えます。

将来お金持ちになりたい方はWeb系の言語をおすすめしたいです。

プログラミングを学習する方法


プログラミングを学ぶ方法としては、「独学」と「プログラミングスクール」に2種類があります。

お金が無いなら独学でやってみるのが良い

大学生って、お金が無い人が多いと思うので最初は独学でやってみても良いかなと。

実際に僕も独学でプログラミングを身に着けたので、お金が無いならおすすめです。

デメリットとしては、「挫折しやすいこと」と「時間がかかること」ですね。

「お金が無いけど、時間だけはある!」って方には独学が良いかと。

具体的な学習方法は以下の記事にまとめてあるので、そちらをぜひ。

お金があるならプログラミングスクールがおすすめ

正直、お金があるならプログラミングスクールでサクッと学んでしまう方が良いですね。

僕はお金が無かったので独学で身に着けましたが、時間が掛かったり挫折してしまったことがありました。

スクールの講師に教えて貰いつつプログラミングを身に着ければ、効率的に挫折せず学ぶことが出来ます。

大学生でもプログラミングを身に着ければ余裕でお金は取り返せるので、まとまったお金を持っているならスクールに通うべきですね

おすすめのプログラミングスクールは以下の記事にまとめてあります。

大学生なら、学割が使えるので今のうちにスクールに通うべきです。

プログラミングの学ぶ方法は何でも良い

「独学」と「スクール」の二つを紹介しましたが、ぶっちゃけどちらの方法学んでも大丈夫です。

大事なのは、「スキルを身に着けること」と「挫折しないこと」の二つですね。

最初は独学で学んでみて、挫折しそうならスクールに通ってみるみたいなことも平気なのでどちらでも良いです。

自分の性格や金銭面に合わせて選んで見るのが良いかと。

大学生は今の内からプログラミングを学んでおくべき理由


あんまり気づかれていませんが、プログラミングが出来ると人生はかなりイージーになります。

IT業界は人材不足である

実際に働いていても思いますが、IT業界はかなり人手不足です。

需要に対して圧倒的に供給が足りていないので、割と好待遇で働くことが出来ます。

実際に僕も今働いている会社で新卒から400万円で働くように交渉されているので、プログラミングを学んでおいた方が良いですね。

稼げる力があると人生がイージー化するので、大学生の内から手を付けておくべきです。

努力はあんまりいらない

もちろん、全く努力しなくて良いわけではありません。

ただ、あんまり頑張らなくても仕事出来るようにはなってしまいます。

他の専門職は、たくさん勉強しないと稼げるようにならないけど、エンジニアなら努力はそこまでいらないです。

「あんまり頑張りたくないけど、稼げるようになりたいな、、、」なんてわがままな願いも実現可能ですね。

僕自身、労働意欲はニート並みなので頑張りたくない人はエンジニアになるべきです。

場所を選ばず働けるようになる

フリーランスになれば、海外で働いたり在宅で働くことも可能です。

好きな場所で働きたい方や引きこもりながら働きたい方もプログラミングを学ぶべきですね。

大学生の時間のあるうちにプログラミングを学んでおけば、自由に働く生活を若いうちから実現できます。

今すぐプログラミングを始めよう

というわけで、この記事はおわりとなります。

大学生の内からプログラミングを始めておくのは控えめに言ってコスパ良すぎって感じですね。

実際に僕もプログラミングを勉強して後悔したことはないので、大学生にはおすすめの自己投資です。

とはいえ、ここでこの記事を閉じてしまったら何も現実は変わらないので今すぐ勉強を始めましょう。

具体的な学習方法については以下にまとめておきます。

RELATED POST